学生募集

 本ページでは大阪大学工学部応用自然科学科 応用生物工学科目 (2021年4月からバイオテクノロジー学科目)、大阪大学大学院工学研究科 生物工学専攻へ進学を検討されている方への情報を提供しております。

入学から卒業まで (学部)
入学から卒業まで (学部)
   (画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。)

 応用生物工学科目に配属されるためには、まず、大阪大学工学部応用自然科学科に入学する必要があります。入試情報については工学部入試情報を御覧ください。また、2年進級時に分属希望調査が行われ、1年次の成績を元に分属が行われますが、その際応用生物工学科目に分属される必要があります。
 応用生物工学科目に分属後はより専門的な教育が行われます。また、若干名ですが、3年次編入学も受け入れています。編入学(学部3年次)試験については工学部入試情報を御覧ください。
 4年進級時には、成績と希望調査をもとに生物工学コースの研究室に配属されます。
 卒業生の多く (約90%) は大学院へ進学、少数の卒業生が就職しています。詳しくは就職状況を御覧ください。
 また、例年オープンキャンパスや夏の体験学習を実施しております。興味のある方はぜひご参加下さい。(2020年度は新型コロナウイルスのため、開催が未定となっています。詳しくは工学部ホームページ)をご確認下さい。

進学から修了まで (大学院)
進学から修了まで (大学院)
   (画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。)

 大学院 生物工学専攻は博士前期課程 (2年間) とそれに続く博士後期課程 (3年間) からなっています。博士前期課程 (2年間) を修了した卒業生では70%以上が就職、14%が博士後期課程に進学しています。就職先企業としては発酵・食品、環境、創薬・医療、先端機器、化学…と幅広い分野に進んでいます。大学院後期課程卒業生では80%以上が大学や公的研究機関など、教育や研究のプロフェッショナルとして活躍しています。詳しくは就職状況を御覧ください。
 大学院生物工学専攻では、応用生物工学科目の卒業生だけでなく、広く他学部、他大学からの進学者を募集、受け入れています。また、社会人大学院生についても受け入れています。興味のある方は、受け入れ希望の研究室までまずはご相談下さい。詳しい入試情報については工学研究科入試情報のページを御覧ください。また、例年春頃に工学研究科大学院説明会を開催しております。興味のある方はぜひご参加下さい。(2020年度は新型コロナウイルスのため、実地開催が中止となりましたが、生物工学専攻独自でウェブ上での大学院進学説明会を開催しました。)

応用生物コースパンフレット

応用生物工学コースのパンフレットです (2016-2017年度版)。


応用生物コースを希望する学生さんへ(Q & A)

応用生物工学コースの4年生に、高校生のとき、もしくは1年生のときに知っておきたかった疑問をあげてもらいました(平成24年10月)。それに対して教員もしくは学生が回答を記載しました。生物工学コースを理解する参考にしてください。


研究紹介・Web Open Campus

旧工学研究科ホームページに掲載されていた研究室紹介、Web Open Campus のうち生物工学専攻(旧生命先端工学専攻)を抜粋したコンテンツを掲載しております。


在学生・卒業生インタビュー

工学研究科ホームページに掲載されている在学生・卒業生インタビューのページです。