専攻概要

人間と地球に貢献するバイオテクノロジーを目指して

私たちの生物工学コース(応用生物工学科目(学部)・生物工学専攻(大学院))は、120年以上にわたる歴史を持ち、醸造学・醗酵工学・生物工学の伝統と発展を踏まえた「バイオテクノロジー」をベースに、生物に学ぶものつくりによる産業社会の課題解決に取り組んでいます。コースは産業バイオをリードする教授陣から構成され、物理学と化学に加えて生物学を基礎とする、わが国でもユニークな工学部の学科目であり、生命現象のメカニズムを理解し工学的に応用するための学術的かつ先端的な教育と研究を使命としています。
特にアグリバイオ、ケミカルバイオ、フードバイオ、ファーマバイオ、の4分野に重点をおいて、食品、医薬品、農薬などに使う有用物質の探索と生産理論の確立、食品の品質評価技術開発、新しい生物機能の開発、そして、ワクチンや抗体医薬などのバイオ医薬の製造と分析、さらに再生医療などの未来医療技術の開発など、生物が持つ機能を人間生活に役立てることを目指して、微生物からヒトを含む動植物までの幅広い生物を対象に研究を行っています。
こうした目的のもとに、ゲノム工学、生化学、分子生物学、細胞工学、生物物理化学、幹細胞工学そして生物化学工学などの分野における先端技術に関する研究と教育を行おっており、多くの人材が産業界や研究機関で活躍しています。
大学院工学研究科・生物工学専攻
2020年度専攻長 内山 進

プロモーションビデオ

   
 ダウンロードはこちらから(ここをクリック  

↑ページトップ